FP2級過去問題 2016年9月学科試験 問6

問6

確定拠出年金の掛金および老齢給付金等に係る所得税の取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 企業型年金加入者掛金(マッチング拠出による加入者が拠出する掛金)は、その全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となる。
  2. 個人別管理資産の運用期間中に発生する利息や収益分配金等の運用収益は、年金の給付時まで課税が繰延べされる。
  3. 老齢給付金を年金として受給する場合、その年金は、雑所得として公的年金等控除の対象となる。
  4. 老齢給付金を一時金として受給する場合、その一時金は、一時所得として総合課税の対象となる。

正解 4

解説

  1. 適切。確定拠出年金の企業型年金加入者が支払った掛金は、その全額が小規模企業共済等掛金控除の対象となります。
  2. 適切。確定拠出年金の個人別管理資産の運用期間中に発生する利息や収益分配金等の運用収益は、年金の給付時まで課税が繰り延べられます。
  3. 適切。老齢給付金を年金として受給する場合、その年金は、公的年金等に係る雑所得として公的年金等控除の対象となります。
  4. [不適切]。老齢給付金を一時金として受給する場合、その一時金は、退職所得として扱われるので一般的な退職一時金と同様に分離課税となります。よって記述は不適切です。
したがって不適切な記述は[4]です。