FP2級過去問題 2013年9月学科試験 問21

問21

経済指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 消費者物価指数は、全国の世帯が購入する財やサービスの価格等を総合した物価の変動をとらえたもので、各種経済施策や公的年金の年金額の改定などに利用されている。
  2. 企業物価指数は、企業間で取引される財に関する価格の変動をとらえたもので、総務省により公表されている。
  3. 景気動向指数は、景気の現状把握および将来予測に資するために作成された指標であり、CI(コンポジット・インデックス)の一致指数が上昇しているときは、景気の後退局面と判断される。
  4. 完全失業率は、全国の公共職業安定所に登録されている求人数を求職者数で除して算出される。

正解 1

解説

この問題に対する解説はまだありません。