FP2級過去問題 2015年1月学科試験 問11

問11

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも保険料は毎月平準払いであるものとする。
  1. 終身保険の保険料について、被保険者が男性の場合と女性の場合を比較すると、他の条件が同一であれば、女性の方が払込み1回当たりの保険料の金額が高い。
  2. 終身保険の保険料について、保険料払込期間が有期払いの場合と終身払いの場合を比較すると、他の条件が同一であれば、有期払いの方が払込み1回当たりの保険料の金額が高い。
  3. 逓増定期保険の保険料について、他の条件が同一であれば、契約日から保険金額の逓増率が変更される保険年度までの期間が短いほど、払込み1回当たりの保険料の金額が高い。
  4. 養老保険と定期保険の保険料について、他の条件が同一であれば、養老保険の方が払込み1回当たりの保険料の金額が高い。

正解 1

解説

  1. [不適切]。終身保険において被保険者が男性の場合と女性の場合を比較すると、女性の方が平均寿命が長いため、他の条件が同一であれば、平均余命の長い女性の方が払込み1回当たりの保険料は安くなります。
  2. 適切。保険料払込期間が有期払いの場合と終身払いの場合を比較すると、他の条件が同一であれば、一定期間で払込みが満了する有期払いの方が保険料の支払総額は少なくなります(ただし、払込み1回当たりの保険料の金額は高くなります)。
  3. 適切。逓増定期保険は、保険金額が契約当初から最大5倍まで増加する保険です。保険料は保険期間を通じて一定ですが、契約日から保険金額の逓増率が変更される保険年度までの期間が短いほど、払込み1回当たりの保険料の金額は高くなります。
  4. 適切。養老保険は、保険期間内に死亡および高度障害の場合に死亡・高度障害保険金が、満期まで生存した場合は満期保険金が支払われます。一方、定期保険は、死亡・高度障害保険金が支払われるのみで満期保険金は支払われません。このため、他の条件が同一であれば、養老保険の方が払込み1回当たりの保険料の金額は高くなります。
したがって不適切な記述は[1]です。