FP2級過去問題 2015年5月学科試験 問25

問25

株式市場の代表的な指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している全銘柄を対象として算出される。
  2. 日経平均株価は、連続性を失わせないように株価の権利落ちなどを修正した平均株価である。
  3. 東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部および市場第二部に上場している全銘柄を対象として算出される。
  4. 東証株価指数(TOPIX)は、時価総額の大きい銘柄(大型株)の値動きよりも株価水準の高い銘柄(値がさ株)の値動きによる影響を受けやすい。

正解 2

解説

  1. 不適切。日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している代表的な225銘柄を対象としています。
  2. [適切]。日経平均株価は、定期的に構成銘柄の見直しは行いますが、入替りや権利落ちがあっても連続性を失わないように工夫された修正平均型の株価指標です。よって記述は適切です。
  3. 不適切。東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部上場の全銘柄の時価総額の合計を全銘柄で割って算出されます。
  4. 不適切。東証株価指数(TOPIX)は、株価水準の高い銘柄(値がさ株)よりも時価総額の大きい銘柄(大型株)の値動きに左右されやすい特徴があります。
したがって適切な記述は[2]です。