FP2級過去問題 2015年5月学科試験 問26

問26

一般的なオプション取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. コール・オプションとは、将来の一定期日または一定期間内に、株式などの原資産をあらかじめ定められた価格(権利行使価格)で買う権利のことをいう。
  2. ヨーロピアンタイプのオプションは、取引開始日から取引最終日までの間であれば、いつでもその権利を行使することができる。
  3. プット・オプションの売り手が被る損失は、受け取ったオプション・プレミアム(オプション料)相当額に限定される。
  4. コール・オプションおよびプット・オプションのいずれも、権利行使価格が低いほど、オプション・プレミアム(オプション料)は高くなる。

正解 1

解説

  1. [適切]。コール・オプションとは、一定の期日、期間の後に、通貨・株式・商品などを前もって定めた価格で買う権利のことをいいます。よって記述は適切です。
  2. 不適切。ヨーロピアンタイプのオプションは、満期日(権利行使日)にのみ権利行使することができます。いつでも行使できるのはアメリカンタイプになります。
  3. 不適切。プット・オプションの売り手が被る損失は、オプション・プレミアムに限定されず、原資産の価値がゼロになるまで増大します。
  4. 不適切。権利行使価格が低いほど、コール・オプションのオプション・プレミアムは高くなり、プット・オプションのオプション・プレミアムは低くなります。
したがって適切な記述は[1]です。