FP2級過去問題 2018年5月学科試験 問24

問24

株式市場の各種指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部と市場第二部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  2. 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  3. 東証マザーズ指数は、東京証券取引所のマザーズとJASDAQに上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  4. JPX日経インデックス400は、東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式の中から、ROEや営業利益等の指標等により選定された400銘柄を対象として算出される。

正解 4

解説

  1. 不適切。東証株価指数(TOPIX)の集計対象は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式の全銘柄です。
  2. 不適切。日経平均株価(日経225)は、東京証券取引所市場第一部に上場している株式のうち「225銘柄」の株価合計を銘柄数で割って算出される修正平均型の株価指数です。
  3. 不適切。東証マザーズは、いわゆる新興企業を対象とした市場です。東証マザーズ指数は、このマザーズに上場している全ての銘柄を対象に算出された指数です。JASDAQ市場に上場している銘柄は対象外です。
  4. [適切]。JPX日経インデックス400は、投資家にとって魅力的なROEやROAを意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした400銘柄から構成される株価指数です。東証の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQ を主市場とする普通株式から400銘柄を選定して算出されます。
したがって適切な記述は[4]です。