FP2級過去問題 2015年9月学科試験 問2

問2

全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 健康保険の被保険者の一般保険料率は、都道府県ごとに設定されている。
  2. 健康保険の被保険者が退職後に任意継続被保険者となった場合、保険料については、任意継続被保険者と事業主であった者が折半して負担する。
  3. 高額療養費の支給の対象には、保険医療機関の窓口で支払った入院時の食事代や差額ベッド代も含まれる。
  4. 医療費の一部負担金(自己負担額)の割合は、被保険者の年齢にかかわらず、一律3割とされている。

正解 1

解説

  1. [適切]。健康保険の被保険者の一般保険料率は都道府県ごとに料率は異なり、被保険者と事業主で2分の1ずつ折半して支払われます。
  2. 不適切。健康保険の被保険者が退職後に任意継続被保険者となった場合は、保険料は任意継続被保険者の全額自己負担となります。
  3. 不適切。ある一定の要件のもと、長期の入院や療養などの自己負担額が一定額を超えた場合、その分が払い戻される制度を高額療養費制度といいます。高額療養費制度は、医療費の自己負担を軽減するための制度なので、入院時の食事代や差額ベッド代は対象外となります。
  4. 不適切。医療費の一部負担金(自己負担額)の割合は、被保険者の年齢によって、以下のとおりに分類されます。
したがって適切な記述は[1]です。