FP2級過去問題 2015年5月学科試験 問3

問3

健康保険の任意継続被保険者に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 任意継続被保険者となるためには、健康保険の被保険者資格を喪失した日の前日まで継続して6ヵ月以上の被保険者期間がなければならない。
  2. 健康保険の被保険者が自己都合による退職により被保険者資格を喪失した場合には、他の要件を満たしていたとしても、任意継続被保険者となることはできない。
  3. 健康保険の被保険者が退職後に任意継続被保険者となった場合、保険料については、任意継続被保険者と事業主であった者が折半して負担する。
  4. 任意継続被保険者に所定の要件を満たす配偶者や子がいる場合、所定の手続きにより、それらの者を健康保険の被扶養者とすることができる。

正解 4

解説

  1. 不適切。任意継続被保険者となるためには、健康保険の被保険者資格を喪失した日の前日までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間があることが条件になります。
  2. 不適切。退職した理由(自己都合や会社都合)に関係なく、要件を満たしていれば任意継続被保険者になることができます。
  3. 不適切。健康保険の被保険者が退職後に任意継続被保険者になった場合の保険料は、全額自己負担となります。
  4. [適切]。任意継続被保険者に所定の要件を満たす配偶者や子などがいる場合、それらの者を被扶養者とすることができます。よって記述は適切です。
したがって適切な記述は[4]です。