FP2級過去問題 2017年9月学科試験 問18

問18

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。
  1. 普通傷害保険では、熱中症により治療を受けた場合は保険金支払いの対象となる。
  2. 普通傷害保険では、被保険者の年齢によって保険料が異なる。
  3. 家族傷害保険では、保険契約締結後に誕生した記名被保険者本人の子も、被保険者となる。
  4. 家族傷害保険では、記名被保険者の家族の人数によって保険料が異なる。

正解 3

解説

  1. 不適切。普通傷害保険は、国内外、業務中・業務外を問わず、日常生活における「急激かつ偶然な外来の事故」に起因するケガを補償するものです。熱中症は偶然な事故ではないので補償対象にはなりません。
  2. 不適切。普通傷害保険の保険料は被保険者の職業や職種によって決まるので、被保険者の年齢は関係ありません。
  3. [適切]。家族傷害保険の被保険者は、本人、配偶者、本人または配偶者と生計をともにする同居の親族、本人または配偶者と生計をともにする未婚の子になります。契約時における関係ではなく、事故発生時における関係が条件になるので、契約締結後に生まれた子も被保険者になります。よって記述は適切です。
  4. 不適切。家族傷害保険の保険料は被保険者の職業や職種によって決まるので、家族の人数は関係ありません。
したがって適切な記述は[3]です。