FP2級過去問題 2020年1月学科試験 問16

問16

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。
  1. 普通傷害保険の保険料は、被保険者の契約時の年齢によって異なる。
  2. 家族傷害保険では、保険期間中に被保険者に子が生まれた場合、その子を被保険者に加えるためには、追加保険料を支払う必要がある。
  3. 交通事故傷害保険では、海外旅行中の交通事故によるケガは補償の対象となる。
  4. 国内旅行傷害保険では、旅行中に発生した地震および地震を原因とする津波によるケガは補償の対象となる。

正解 3

問題難易度
肢113.9%
肢28.7%
肢357.8%
肢419.6%

解説

  1. 不適切。普通傷害保険では、通常、対象者の職業や職種などによって保険料が決まるため、被保険者の年齢や性別は関与しません。傷害保険は様々なケガによる補償が対象になるため、ケガをする可能性の高い職業職種についている場合、一般的に保険料が高くなります。
  2. 不適切。家族傷害保険の被保険者範囲は、契約時における関係ではなく、事故発生時における関係で判断されます。よって、契約締結後に生まれた子は手続きせずとも被保険者に加わります。追加保険料も不要です。
  3. [適切]。交通事故傷害保険は、自動車や自転車などの交通事故による傷害以外に、エレベーターやエスカレーターの搭乗中や、建物または交通乗用車の火災によって被った傷害を補償対象とします。海外旅行中の交通事故によるケガも補償の対象です
  4. 不適切。国内旅行傷害保険では、住居を出発してから帰宅するまでに被った病気・ケガが対象になりますが、旅行中に発生した地震、噴火またはこれらによる津波によるケガは補償の対象となりません。なお、海外旅行傷害保険では地震・噴火・津波による傷害も補償対象になります。
したがって適切な記述は[3]です。