FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問18

問18

医療保険の一般的な特徴等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. ガン保険は、契約開始後30日間あるいは1ヵ月間の保障されない期間(免責期間)が設けられている。
  2. 保険期間が有期である更新型の医療保険は、保険期間中に入院給付金を受け取った場合には、保険期間終了後に契約を更新することができない。
  3. 医療保険では、人間ドック検査等の治療を目的としない入院をし、異常が発見されなかった場合は、入院給付金を受け取ることができない。
  4. 退院後に入院給付金を受け取ったが、同じ病気により退院日翌日から200日目に入院した場合、1入院当たりの入院給付金支払日数は、前回の入院日数と合算される。

正解 3

解説

  1. 不適切。ガン保険は、契約から3ヵ月または90日程度の免責期間があり、免責期間中にガンと診断されても給付金等は支払われません。
  2. 不適切。保険期間が有期である更新型の医療保険は、入院給付金の受給に関係なく、告知なしで更新することができます。
  3. [適切]。医療保険は、治療を目的としない美容整形や人間ドッグによる入院で、異常が発見されなかった場合は給付金の対象外になります。
  4. 不適切。退院後に同じ事由で再入院した場合、退院の翌日から180日以内の入院は、同じ1入院とみなされます。本肢では「退院日翌日から200日目」での入院ですので、入院日数の合算はありません。
したがって適切な記述は[3]です。