FP2級過去問題 2019年5月学科試験 問18

問18

医療保険およびガン保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 医療保険では、人間ドック等の治療を目的としない入院をし、異常が発見されなかった場合は、入院給付金を受け取ることができない。
  2. 更新型の医療保険では、保険期間中に入院給付金を受け取った場合、保険期間満了時にこの契約を更新することはできない。
  3. ガン保険の入院給付金は、ガンによる入院の1回の支払日数や通算の支払日数に制限はない。
  4. ガン保険は、責任開始までに一定の免責期間が設けられており、この期間中に被保険者がガンと診断確定された場合には、ガン診断給付金を受け取ることができない。

正解 2

解説

  1. 適切。医療保険は疾病の治療費を補償するものですので、検査を目的とした健康診断や人間ドッグ等の入院は保険金支払事由となりません。ただし、人間ドッグ等により疾病が発見され、その診断に引き続いて治療のため入院した場合には、治療を伴う入院の一環として医療保険の支払い対象となります。
  2. [不適切]。更新型の医療保険は、所定の年齢までは健康状態にかかわらず告知なしで更新できます。このため、保険期間中に入院給付金を受け取った場合でも、保険期間終了後に契約を更新することができます。
  3. 適切。ガン保険は、ガンで入院すると初日から入院給付金が支払われ、支払日数に制限はありません。
  4. 適切。ガン保険は、一般的に契約から90日間の免責期間があり、この期間中にガンと診断確定した場合、この契約は無効になります。保険金の支払いもありません。
したがって不適切な記述は[2]です。