FP2級過去問題 2018年1月学科試験 問18

問18

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払日数制限や保険期間を通じて累計した支払日数制限が定められている。
  2. 特定(三大)疾病保障定期保険では、保険期間中に特定疾病保険金の支払事由に該当せずに被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われる。
  3. 介護保険では、被保険者が公的介護保険の介護サービスを利用した場合の自己負担額を限度に介護年金が支払われる。
  4. 医療保険では、退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から90日後に前回と同一の疾病により再入院した場合、1回の入院での支払日数制限において、入院給付金支払日数は前回の入院での支払日数と合算されない。

正解 2

解説

  1. 不適切。ガン保険では、ガンで入院すると初日から入院給付金が支払われ、支払日数に制限はありません。
  2. [適切]。特定疾病保障定期保険特約では、三大疾病で所定の状態になったときはもちろん、特定疾病以外の事由により死亡および高度障害状態になったときにも保険金が支払われます。
  3. 不適切。介護保険の保険金は、公的介護保険の介護サービスとは別に保険会社から支払われますので自己負担額は関係ありません。
  4. 不適切。医療保険では、退院日の翌日から180日以内に同じ病気で再入院した場合は、1回の入院とみなされ、入院給付金の支払日数は前回の入院分と合算されます。
したがって適切な記述は[2]です。