FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問34

問34

所得税における損益通算に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 賃貸アパート経営による不動産所得の損失の金額のうち、その賃貸アパートの土地の取得に要した負債の利子の額に相当する部分の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。
  2. 賃貸アパートの土地と建物を譲渡したことによる譲渡所得の損失の金額のうち、建物の譲渡による損失に相当する部分の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができる。
  3. 食品小売業による事業所得の金額の計算上生じた損失の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができる。
  4. 生命保険の解約返戻金の受取りによる一時所得の金額の計算上生じた損失の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。

正解 2

解説

  1. 適切。不動産所得の損失のうち、土地等の取得に要した借入金の利子の部分は、他の各種所得の金額と損益通算することができません。建物の取得に要した借入金の利子は損益通算できます。
  2. [不適切]。土地建物等の譲渡所得は、分離課税の対象なので他の所得と損益通算することはできません。住宅ローンが残っているマイホームを売却して譲渡損失が生じたときであれば、特例により譲渡損失の損益通算及び繰越控除が特例で認められますが、本肢は賃貸アパートの譲渡ですので特例の適用はありません。
  3. 適切。不動産所得・事業所得・山林所得・譲渡所得の損失は、給与所得などの他の所得と損益通算することができます。
  4. 適切。一時所得の損失は、他の所得と損益通算することはできません。一時所得がマイナスになった場合は、0円として扱います。
したがって不適切な記述は[2]です。