FP2級過去問題 2013年9月学科試験 問51

問51

民法における贈与に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与のことをいう。
  2. 定期贈与とは、贈与者が受贈者に対して定期的に給付することを目的とする贈与のことをいい、贈与者または受贈者の死亡によってその効力を失う。
  3. 夫婦間でした贈与契約は、第三者の権利を害しない限り、婚姻中、いつでも夫婦の一方から取り消すことができる。
  4. 口頭による贈与契約は、その履行前であっても、贈与者または受贈者が一方的に撤回することはできない。

正解 4

解説

  1. 適切。死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力を生ずる贈与で、相続税の課税対象になります。
  2. 適切。定期贈与とは、贈与者が受贈者に対し定期的に金銭等を贈与することで、贈与者もしくは受贈者が死亡すると自動的にその効力を失います。
  3. 適切。夫婦間でした贈与契約は、第三者の権利を害しない限り婚姻中いつでも夫婦の一方から取り消すことができます。夫婦間での贈与契約は、書面であっても履行が終了していても、いつでも一方から取り消すことができます。
  4. [不適切]。口頭での約束などのように書面によらない贈与契約の場合、その履行が終わっていない部分については、当事者双方から撤回することができます。
したがって不適切な記述は[4]です。