FP2級過去問題 2015年5月学科試験 問8

問8

中小企業退職金共済、小規模企業共済および国民年金基金に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 中小企業退職金共済の掛金月額は、被共済者1人当たり6万8,000円が上限となっている。
  2. 小規模企業共済に新たに加入する事業主は、加入後4ヵ月目から1年間にわたり、国から掛金月額の2分の1相当額の助成を受けることができる。
  3. 国民年金基金には、国民年金の第1号被保険者および第3号被保険者が加入することができる。
  4. 国民年金基金への加入は口数制となっており、1口目は終身年金、2口目以降は終身年金または確定年金から加入者が選択する。

正解 4

解説

  1. 不適切。中小企業退職金共済は中小企業のための国の退職金制度ですが、掛金月額は、従業員1人につき3万円が上限となっています。
  2. 不適切。加入後4ヵ月目から1年間にわたり、国から掛金月額の2分の1相当額の助成を受けることができるのは中小企業退職金共済です。
    小規模企業共済は、個人事業者や零細企業の経営者や役員が、廃業や退職に備えて資金を積み立てるための制度です。
  3. 不適切。国民年金基金は老齢基礎年金に上乗せする年金制度で、加入対象者は、国民年金の第1号被保険者と任意加入被保険者になります。
  4. [適切]。国民年金基金への加入は口数制で、1口目は必ず終身年金としなければならず、2口目以降は終身年金または確定年金から選択できます。よって記述は適切です。
したがって適切な記述は[4]です。