FP2級過去問題 2015年9月学科試験 問34

問34

所得税における医療費控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 納税者が自己と生計を一にする配偶者の治療のために支払った医療費の金額は、当該納税者の医療費控除の対象となる。
  2. 病院に自家用車で通院した際に支払った駐車場代やガソリン代は、医療費控除の対象となる。
  3. 医療費控除の控除額は、最高で年額200万円である。
  4. 医療費控除は、納税者が給与所得者であっても、年末調整により適用を受けることができない。

正解 2

解説

  1. 適切。医療費控除は、納税者本人および生計を一にする親族の治療のために支払った医療費が対象となります。
  2. [不適切]。病院に自家用車で通院した際に支払った駐車場代やガソリン代は、医療費控除の対象とはなりません。ただし、通院するために電車やバスなどの公共交通機関を利用した場合の交通費は、医療費控除の対象になります。
  3. 適切。医療費控除の控除額は最高で年額200万円になります。

     医療費控除額=医療費の総額-保険金等で補填される金額-10万円
     総所得金額が200万円未満の場合は、10万円の部分が所得の5%になる

  4. 適切。医療費控除は年末調整での適用を受けられないため、適用を受ける場合には納税者自らが確定申告を行う必要があります。
したがって不適切な記述は[2]です。