FP2級過去問題 2015年9月学科試験 問54

問54

民法に規定する相続分に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 相続人が被相続人の配偶者、長男および長女の合計3人である場合、配偶者、長男および長女の法定相続分はそれぞれ3分の1である。
  2. 相続人が被相続人の実子と普通養子縁組に基づく養子の合計2人である場合、実子の法定相続分は3分の2、養子の法定相続分は3分の1である。
  3. 相続人が被相続人の配偶者と兄の合計2人である場合、配偶者の法定相続分は3分の2、兄の法定相続分は3分の1である。
  4. 相続人が被相続人の長男と孫(相続開始時においてすでに死亡している長女の代襲相続人)の合計2人である場合、長男と孫の法定相続分はそれぞれ2分の1である。

正解 4

解説

  1. 不適切。相続人が被相続人の配偶者と子である場合、配偶者・子の法定相続分はそれぞれ2分の1となり、同一順位である長男と長女は子の2分の1を均等に按分するので、それぞれ4分の1ずつが法定相続分となります。
  2. 不適切。民法では「養子は、縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得する。」と定めています。法定相続分についても実子と養子は同等です。本肢では実子と養子と合わせて3人ですので法定相続分は各々3分の1になります。
  3. 不適切。相続人が被相続人の配偶者と兄弟姉妹である場合、配偶者の法定相続分は4分の3、兄弟姉妹の法定相続分は4分の1となります。
  4. [適切]。代襲相続人の法定相続分は、死亡・欠格・廃除により相続権を失った被代襲者の相続分と同じになります。また、代襲相続人が複数人いるときはその人数で平等に分割したものが法定相続分になります。
    (もし健在であれば)長女の法定相続分は長男と同じく2分の1です。その金額がそのまま代襲相続人である孫の法定相続分となるため、長男と孫の法定相続分はそれぞれ2分の1となります。
したがって適切な記述は[4]です。