FP2級過去問題 2016年1月学科試験 問26

問26

外貨建て金融商品の取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 顧客が円貨を外貨に換えて外貨預金に預け入れる際に適用される為替レートは、預入金融機関が提示するTTB(対顧客電信買相場)である。
  2. 外貨建てMMFを買付後30日未満で換金した場合、換金の請求をした日の基準価額から所定の信託財産留保額が差し引かれる。
  3. 国内の証券取引所に上場している外国株式を国内委託取引により売買した場合の受渡日は、国内株式と同様に、売買の約定日から起算して4営業日目となる。
  4. 外貨建て保険は、円換算支払特約を付加することにより、当該保険契約の締結後から保険金の受取りまでの為替リスクを回避することができる。

正解 3

解説

  1. 不適切。円と外貨の為替レートには以下のものがあります。
    TTS
    顧客が円を外貨に交換するときのレート
    TTB
    顧客が外貨を円に交換するときのレート
    TTM
    金融機関が決定するTTSとTTBの基準値
    設問のように、顧客が円貨を外貨に換えて外貨預金に預け入れる際に適用される為替レートは「TTS」です。
  2. 不適切。外貨建てMMF(マネーマーケットファンド)は、株式を組み入れずに米ドル・ユーロ・英ポンドなど外貨建ての公社債などの短期金融商品を運用するものです。解約手数料は不要のため、いつでも手数料なしで解約可能です。なお、代表的な公社債投資信託であるMMF(マネーマネジメントファンド)では、買付後30日未満で換金した場合、信託財産留保額が差し引かれます。
  3. [適切]。株式の売買における受渡日は、売買が成立した約定日を含めて4営業日目に行われます。これは国内の証券取引所に上場している外国株式を売買する国内委託取引の場合も同様です。
  4. 不適切。外貨建て保険に付加する「円換算支払特約」は、保険金の支払いと受け取りを円で行えるようにするための特約で、外貨での受取りや支払いを避けるために付加されます。為替リスクを回避するものではありません。
したがって適切な記述は[3]です。