FP2級過去問題 2018年5月学科試験 問25

問25

株式の投資指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す投資指標である。
  2. PBRは、株価が1株当たり純資産の何倍であるかを示す投資指標であり、これが1倍を下回ると、理論上、株価は解散価値を下回っていることを示す。
  3. ROEは、自己資本に対する当期純利益の割合を示す投資指標であり、これが低いほど、会社が自己資本を活用して効率よく利益を上げていることを示す。
  4. 配当性向は、当期純利益に対する年間配当金の割合を示す投資指標であり、これが高いほど、株主への利益の還元率が高いことを示す。

正解 3

解説

  1. 適切。PER(株価収益率)は、1株当たりの純利益に対する株価の割合を示す指標です。
    ●PER(倍)=株価÷1株当たりの純利益
  2. 適切。PBR(株価純資産倍率)は、1株当たりの純資産に対する株価の割合を示す指標です。この値が、1倍よりも低いということは、その時点で会社が解散したときに株主に帰属する純資産額よりも、株価が安くなっていることを示します。
    ●PBR(倍)=株価÷1株当たりの純資産
  3. [不適切]。記述中の「低いほど」の部分が不適切です。
    ROE(自己資本利益率)は、純資産(自己資本)に対する当期純利益の割合を示す指標で、一年間の企業活動を通じて「株主の投資額に比してどれだけ効率的に利益を獲得したか」を判断するのに用いられます。ROEは、その値が高いほど、自己資本を効率的に活用して利益を上げていると判断されます。
    ●ROE(%)=当期純利益÷自己資本×100
  4. 適切。配当性向(はいとうせいこう)とは、ある企業がその期の純利益(税引後利益)の中から、配当金をどのくらい支払っているかの割合(%)を表したものです。
    ●配当性向(%)=1株当たりの配当額÷1株当たりの純利益×100
したがって不適切な記述は[3]です。