FP2級過去問題 2018年9月学科試験 問55

問55

民法で規定する相続の承認および放棄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 相続の放棄をしようとする者が一人でもいる場合は、相続の開始があったことを知った時から原則として3ヵ月以内に、共同相続人全員が、家庭裁判所に対して、相続の放棄をする旨を申述しなければならない。
  2. 推定相続人が相続の開始前に相続の放棄をしようとする場合は、家庭裁判所に対してその旨を申述して許可を受ける必要がある。
  3. 限定承認をしようとする場合、相続の開始があったことを知った時から原則として3ヵ月以内に、その旨を家庭裁判所に相続人全員が共同して申述しなければならない。
  4. 相続人が相続の放棄をした場合、放棄をした者の子が、放棄をした者に代わって相続人となる。

正解 3

解説

  1. 不適切。相続を放棄するには、相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内に、家庭裁判所にその旨を申述しなければなりませんが、この手続きは各相続人が単独で行えます。
  2. 不適切。相続の放棄は、相続の開始があったことを知った時からしかできないので、相続の開始前に相続の放棄することはできません。
  3. [適切]。限定承認は、相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内に、相続人全員が共同して家庭裁判所へ申述しなければなりません。よって記述は適切です。
  4. 不適切。相続を放棄した場合には代襲相続の適用外となるので、放棄した者の子は相続人にはなれません。
したがって適切な記述は[3]です。