FP2級過去問題 2018年1月学科試験 問54

問54

法定相続人および法定相続分に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 被相続人と父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1である。
  2. 被相続人の嫡出でない子の相続分は、嫡出子の相続分と同じである。
  3. 被相続人の弟Aさんが被相続人の推定相続人であった場合、Aさんが被相続人の相続開始以前に死亡したときには、Aさんの子Bさんが代襲して相続人となる。
  4. 被相続人の子Cさんが相続の放棄をした場合、Cさんの子Dさんが代襲して相続人となる。

正解 4

解説

  1. 適切。相続人が両親の片方だけが同じである兄弟姉妹である場合、その法定相続分は両親がともに同じである兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。
  2. 適切。婚姻関係の夫婦のもとに生まれた嫡出子と、婚姻関係のない男女間に生まれた非嫡出子(認知が必要)の相続分は同じです。
  3. 適切。相続の開始時点で相続人がすでに死亡している場合には、相続権はその者の子に移ります。
  4. [不適切]。相続の放棄をすると代襲相続は適用されません。したがってCさんの子Dさんは相続人にはなれません。
したがって不適切な記述は[4]です。