FP2級過去問題 2019年9月学科試験 問6

問6

遺族厚生年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 遺族厚生年金を受給することができる遺族の範囲は、厚生年金保険の被保険者または被保険者であった者の死亡の当時、その者によって生計を維持し、かつ、所定の要件を満たす配偶者、子、父母、孫または祖父母である。
  2. 厚生年金保険の被保険者が死亡したことにより支給される遺族厚生年金の年金額は、死亡した者の厚生年金保険の被保険者期間が300月未満の場合、300月とみなして計算する。
  3. 厚生年金保険の被保険者である夫が死亡し、夫の死亡当時に子のいない40歳以上65歳未満の妻が遺族厚生年金の受給権を取得した場合、妻が65歳に達するまでの間、妻に支給される遺族厚生年金に中高齢寡婦加算額が加算される。
  4. 厚生年金保険の被保険者である夫が死亡し、夫の死亡当時に子のいない28歳の妻が取得した遺族厚生年金の受給権は、妻が35歳に達したときに消滅する。

正解 4

問題難易度
肢116.9%
肢25.9%
肢36.7%
肢470.5%

解説

  1. 適切。遺族厚生年金を受給できる遺族の範囲は、以下のように妻、子、孫、および55歳以上の夫、父母、祖父母となっています。
  2. 適切。遺族厚生年金の額は、死亡した者の厚生年金保険の被保険者期間を基礎として計算した老齢厚生年金の報酬比例部分の額の4分の3であり、その被保険者期間が300月(25年)未満の場合、300月とみなして計算します。
  3. 適切。厚生年金保険の被保険者である夫が死亡し、子のない40歳以上の妻の遺族厚生年金には、65歳になるまで中高齢寡婦加算額が加算されます。
  4. [不適切]。子のない30歳未満の妻が遺族厚生年金の受給権を取得した場合は、5年間の有期年金となります。本肢のケースでは33歳までの支給となります。
したがって不適切な記述は[4]です。