FP2級過去問題 2020年1月学科試験 問22

問22

投資信託の一般的な運用手法等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. マクロ的な環境要因等を基に国別組入比率や業種別組入比率などを決定し、その比率に応じて、個別銘柄を組み入れてポートフォリオを構築する手法をトップダウン・アプローチという。
  2. 各銘柄の投資指標の分析や企業業績などのリサーチによって銘柄を選定し、その積上げによってポートフォリオを構築する手法をボトムアップ・アプローチという。
  3. ベンチマークの動きにできる限り連動することで、同等の運用収益率を得ることを目指すパッシブ運用は、アクティブ運用に比べて運用コストを低めに抑えられる傾向がある。
  4. 企業の将来の売上高や利益の成長性が市場平均よりも高い銘柄を組み入れて運用するグロース運用は、配当利回りの高い銘柄中心のポートフォリオとなる傾向がある。

正解 4

問題難易度
肢114.9%
肢210.9%
肢317.5%
肢456.7%

解説

  1. 適切。トップダウン・アプローチは金利や為替、経済情勢などに視点をおいたマクロ的分析から、国別組入比率や業種別組入比率などを決め、最後に個別銘柄を選ぶ手法です。
  2. 適切。ボトムアップアプローチは、個々の企業情報の収集・分析により投資魅力度が高い銘柄を選定し、それの積み上げでポートフォリオを構築する手法です。
  3. 適切。パッシブ運用とは、投資信託などの運用手法による分類のひとつで、ベンチマーク(日経平均株価やTOPIXなどの指標)に連動する運用成果を目指す運用のことをいいます。目標とする指標との連動は銘柄を機械的に選定するだけでよく、ファンドマネージャが個別に分析し運用するアクティブ運用よりも運用コストが低い傾向にあります。
  4. [不適切]。グロース投資は、企業の将来の売上や利益の成長性が高いと判断される銘柄に投資する手法です。一般的に、成長株は利益を事業に再投資するので配当利回りが低い傾向にあります。
したがって不適切な記述は[4]です。