FP2級過去問題 2014年5月学科試験 問20

問20

損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 家具製造業を営む企業が、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的に、労働災害総合保険を契約した。
  2. 食料品製造業を営む企業が、工場内に設置されている機械が火災により損害を被った場合に備えて、機械保険を契約した。
  3. 塗装工事業を営む企業が、従業員がマンションの外壁の塗装中に誤って工具を落として通行中の歩行者にケガを負わせた場合に備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。
  4. 遊園地を経営する企業が、施設内の直営レストランで食中毒が発生した場合に備えて、請負業者賠償責任保険を契約した。

正解 1

解説

  1. [適切]。労働災害総合保険は、組織が労働災害に被災した従業員やその遺族に対して支払う補償金や、法律上の損害賠償責任の費用を補償するもので、政府労災保険の上乗せ補償をする目的で利用できます。
  2. 不適切。機械保険は、偶然な事故によって機械設備が被る損害を補償する保険ですが、火災事故による損害は対象外になります。
  3. 不適切。建設、土木などの請負業者が行う業務による事故から生じる損害賠償責任を補償するのは請負業者賠償責任保険が最適です。
    施設所有(管理)者賠償責任保険は、組織の施設管理や仕事の遂行に起因する対人・対物事故が発生した場合に、緊急措置のための費用や法律上の損害賠償責任について補償する保険です。
  4. 不適切。飲食店の提供した食事の食中毒などを含め、製造・販売・提供した商品やサービスが引き渡された後に、その欠陥により生じた事故による補償は生産物賠償責任保険(PL保険)が最適です。
したがって適切な記述は[1]です。