FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問20

問20

スーパーマーケットにおける損害保険を活用したリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約は付帯していないものとする。
  1. 店舗内で作業する従業員が誤って客にケガをさせた場合に備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。
  2. 店舗内で調理し販売した食品が原因で食中毒が発生した場合に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。
  3. 店舗内に収容されている調理用の機械設備の火災事故による損害に備えて、機械保険に加入した。
  4. 業務災害により身体障害を被った従業員に対する労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的として、労働災害総合保険の法定外補償保険を契約した。

正解 3

解説

  1. 適切。施設所有(管理)者賠償責任保険は、施設の欠陥や管理の不備に伴って負担する損害賠償を補償する保険なので、店舗内で作業する従業員が誤って客にケガをさせた場合に備える保険として最適です。
  2. 適切。生産物賠償責任保険(PL保険)は、製造、販売、提供した商品、サービスが引き渡された後に欠陥によって生じた事故を補償するので、調理し販売した食品が原因で食中毒が発生した場合に備える保険として最適です。
  3. [不適切]。機械保険は、物理的原因による破裂・爆発等の偶然な事故によって機械設備が被る被害を補償しますが、火災事故による機械の補償は対象外です。よって記述は不適切です。
  4. 適切。労働災害総合保険の法定外補償保険は、企業の労災費用を補償する保険です。政府労災保険の上乗せ給付目的として最適です。
したがって不適切な記述は[3]です。