FP2級過去問題 2014年9月学科試験 問5

問5

労働者災害補償保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 労働者災害補償保険の保険料は、企業の規模によって災害の発生率が異なることから、企業の従業員数に応じた労災保険率が定められている。
  2. 労働者が業務上の負傷または疾病により、労災指定病院で療養補償給付として受ける療養の給付については、労働者の一部負担金はない。
  3. 労働者が業務上の負傷または疾病による療養のため労働することができないために賃金を受けない日が4日以上に及ぶ場合、賃金を受けない日の第4日目から休業補償給付が支給される。
  4. 労働者が業務上の災害によって死亡し、遺族補償年金を受けることができる遺族が労働者の妻、子である場合、最先順位者である妻に遺族補償年金が支給される。

正解 1

解説

  1. [不適切]。労働者災害補償保険(労災)の保険料は、事業の種類により労災保険料率が異なります。よって記述は不適切です。
  2. 適切。労働者が業務上の負傷または疾病の場合に、労災指定病院で療養補償給付として受ける療養の給付について、労働者が医療費を負担金することはありません。
  3. 適切。労働者が業務上の負傷または疾病による療養のため労働することができず、賃金を受けられない場合に休業4日目から、1日につき給付基礎日額の60%相当額が支給されます。
  4. 適切。労働者が業務上の災害によって死亡し、遺族補償年金を受けることができる遺族の受給順位は配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の順になります。
したがって不適切な記述は[1]です。