FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問4

問4

労働者災害補償保険(以下「労災保険」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 事業主は、常時使用する労働者数にかかわらず、労災保険に特別加入することができる。
  2. 労災保険の保険料は事業主が全額を負担し、保険料率は業種にかかわらず一定率である。
  3. 労働者が労災病院で療養補償給付として療養の給付を受けた場合、当該療養の給付に係る労働者の一部負担金はない。
  4. 遺族補償年金の支給額は、遺族補償年金の受給権者と生計を同じくする受給資格者の人数にかかわらず一律である。

正解 3

解説

  1. 不適切。労災保険は、本来、労働者の業務または通勤による災害に対して保険給付を行う制度ですので、法人の役員、個人事業主などは原則として加入できません。しかし、その業務の実情、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の人には特別に任意加入を認めています。これが、特別加入制度です。
    特別加入制度では、中小事業主等、一人親方等の自営業者、特定作業従事者、海外派遣者などを範囲としていますが、中小事業主に関しては以下の規模要件を定めています。よって「労働者数にかかわらず」とする本肢は誤りです。
  2. 不適切。労災保険料は事業主が全額負担するという点は適切ですが、保険料は事業種別により異なります。危険度の高い業種ほど保険料の負担が大きく設定されています。
  3. [適切]。負傷または疾病の際に、労働者が労災病院で療養補償給付として療養の給付を受けた場合は、労働者の一部負担金はありません
  4. 不適切。労働者が死亡した場合に、生計維持関係にある遺族に支給される遺族補償年金の支給額は、受給権者と生計を同じくする受給資格者数に応じて変わります。
したがって適切な記述は[3]です。