FP2級過去問題 2015年1月学科試験 問14

問14

平成24年1月1日以後に締結した生命保険契約の保険料に係る生命保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載されたもの以外の要件はすべて満たしているものとする。
  1. 「一般の生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」のそれぞれの控除額の上限は、所得税では5万円である。
  2. 傷害特約の保険料は、「介護医療保険料控除」の対象となる。
  3. 変額個人年金保険の保険料は、「個人年金保険料控除」の対象とはならず、「一般の生命保険料控除」の対象となる。
  4. 自動振替貸付により保険料に充当された金額は、貸し付けられた年の生命保険料控除の対象とはならず、貸付金を返済した年の生命保険料控除の対象となる。

正解 3

解説

  1. 不適切。平成24年1月1日以後に締結した「一般の生命保険料控除」「介護医療保険料控除」「個人年金保険料控除」のそれぞれの控除額の上限は、所得税では4万円になります。なお、平成23年12月31日以前に締結した契約に関しては、それぞれ5万円が上限となります。
    (注)介護医療保険料控除は、平成24年1月1日以降の契約から新たに創設されたものです。
  2. 不適切。介護医療保険料控除は、疾病や身体の傷害等によって保険金が支払われる契約のうち、医療費等の支払事由に起因して保険金が支払われるものが対象となるため、身体の傷害のみに起因して給付金を受け取る傷害特約は、介護医療保険料控除の対象とはなりません。
  3. [適切]。変額個人年金保険は、支払われた保険料を保険会社が運用し、運用実績により将来受け取る保険金額が変動する保険ですが、その保険料は「一般の生命保険料控除」の対象となります。なお、将来決められた年金を受け取ることができる定額個人年金保険は「個人年金保険料控除」の対象となります。
  4. 不適切。自動振替貸付により、その時点の解約返戻金の範囲内で資金を借り受けて保険料に充当された金額は、その年に支払ったものとして生命保険料控除の対象となります。
したがって適切な記述は[3]です。