FP2級過去問題 2015年1月学科試験 問26

問26

個人が国内の金融機関を通じて行う外貨建て金融商品の取引等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 外貨建てMMFを購入する際には、購入時手数料および為替手数料を支払う必要がある。
  2. ニューヨーク証券取引所では、東京証券取引所と異なり、ストップ高やストップ安といった株価の値幅制限はない。
  3. 国外の証券取引所に上場している外国株式を国内店頭取引により売買するためには、あらかじめ外国証券取引口座を開設する必要がある。
  4. 保有しているユーロ建て債券について、ユーロと円の為替レートが円高方向に変動すると、当該債券投資に係る円換算の投資利回りは低下する。

正解 1

解説

  1. [不適切]。外貨建てMMFを購入する際には、円を外貨また外貨を円に換えるための為替手数料は支払う必要がありますが、購入時の手数料は不要です。
  2. 適切。ニューヨーク証券取引所では、東京証券取引所と異なり、ストップ高やストップ安といった1営業日内に変動する株価の上下を制限する値幅制限はありません。
  3. 適切。国外の証券取引所に上場している外国株式を国内店頭取引により売買するためには、あらかじめ証券会社等に外国証券取引口座を開設する必要があります。
  4. 適切。外貨建ての債券で、外貨と円の為替レートが円高に変動すると、円に換算したときに為替差損が生じるため、当該債券投資に係る円換算の投資利回りは低下します。
したがって不適切な記述は[1]です。