FP2級過去問題 2015年5月学科試験 問20

問20

損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。
  1. 宿泊業を営む企業が、クロークで客から預かった荷物の盗難や汚損・毀損に備えて、請負業者賠償責任保険を契約した。
  2. 飲食店を営む企業が、食中毒が発生することによる売上げの減少に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。
  3. 遊園地を運営する企業が、遊具の点検・整備中に従業員がケガをした場合に備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。
  4. 食料品製造業を営む企業が、工場建物が地震により倒壊・火災の被害を受けた場合に備えて、地震危険担保特約を付帯した火災保険を契約した。

正解 4

解説

  1. 不適切。他人の物を保管する施設内で保管中の事故により預かった財産に損害を与えた場合に備える保険は、受託者賠償責任保険になります。
  2. 不適切。小売業が事故による休業中の営業損失に対して備えるのは、店舗休業保険になります。
  3. 不適切。自社の従業員がケガをした場合に備える保険は、労働災害総合保険になります。
  4. [適切]。企業・個人にかかわらず、地震により倒壊・火災の被害を受けた場合に備えるのは、火災保険に付帯して加入する地震保険になります。よって記述は適切です。
したがって適切な記述は[4]です。