FP2級過去問題 2019年5月学科試験 問3

問3

公的医療保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 健康保険の適用事業所に常時使用される75歳未満の者は、原則として、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)または組合管掌健康保険に加入することになる。
  2. 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の介護保険料率は、都道府県ごとに定められており、都道府県によって保険料率が異なる。
  3. 健康保険の任意継続被保険者となるためには、健康保険の被保険者資格を喪失した日の前日まで継続して6ヵ月以上の被保険者期間がなければならない。
  4. 個人事業主や農林漁業者などが被保険者となる国民健康保険は、国が保険者として運営している。

正解 1

解説

  1. [適切]。常時雇用されている75歳未満の者は、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)または健康保険組合管掌健康保険の公的医療保険に加入することが義務付けられています。
  2. 不適切。健康保険料率は都道府県ごとに異なりますが、介護保険料率は全国一律です。
  3. 不適切。健康保険の任意継続被保険者になれるのは、資格喪失日の前日までに継続して2カ月以上の被保険者期間があった人です。
  4. 不適切。国民健康保険の保険者は、市町村(特別区含む)です。
したがって適切な記述は[1]です。