FP2級過去問題 2017年9月学科試験 問4

問4

公的医療保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 健康保険の適用事業所に常時使用される75歳未満の者は、原則として、全国健康保険協会管掌健康保険または健康保険組合管掌健康保険のいずれかに加入する。
  2. 個人事業主や農林漁業者などか被保険者となる国民健康保険は、国が保険者として運営している。
  3. 退職により健康保険の被保険者資格を喪失した者は、所定の要件を満たすことにより、最長で2年間は健康保険の任意継続被保険者となることができる。
  4. 健康保険や国民健康保険の被保険者が75歳に達したときは、その被保険者資格を喪失し、後期高齢者医療制度の被保険者となる。

正解 2

解説

  1. 適切。常時雇用されている75歳未満の者は、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)または健康保険組合管掌健康保険の公的医療保険に加入することが義務付けられています。
  2. [不適切]。記述中の「国が」の部分が不適切です。
    国民健康保険の運営主体は市区町村です。
  3. 適切。所定の要件を満たした者が退職して健康保険の被保険者の資格を失った場合は、希望により最長2年間、健康保険の任意継続保険者となることができます。
  4. 適切。75歳になると、それまで加入していた健康保険や国民健康保険から脱退して、全員が後期高齢者医療制度の被保険者となります。
したがって不適切な記述は[2]です。