FP2級過去問題 2019年5月学科試験 問19

問19

損害保険を利用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、契約者(=保険料負担者)は個人であるものとする。
  1. 病気やケガの治療のため就業できなくなることにより収入が喪失するリスクに備えて、所得補償保険を契約した。
  2. 国内旅行中の食事が原因で細菌性食中毒を発症するリスクに備えて、国内旅行傷害保険を契約した。
  3. 趣味のラグビーの練習や試合中にケガをするリスクに備えて、普通傷害保険を契約した。
  4. 被保険者の子が原動機付自転車で通学中に、事故で他人にケガをさせてしまい法律上の損害賠償責任を負うリスクに備えて、個人賠償責任補償特約を付帯した普通傷害保険を契約した。

正解 4

解説

  1. 適切。所得補償保険は、病気やケガが原因で就業不能状態となった場合に、その期間の収入を補償するための保険です。
  2. 適切。国内旅行傷害保険は、旅行のために自宅を出てから帰宅する間に被った障害を補償します。細菌性食中毒も基本契約で補償されています。
  3. 適切。普通傷害保険は、国内外、業務中・業務外を問わず、日常生活における障害を補償しますので、スポーツ中のケガもほとんどが補償されます。ただし、一部の危険性の高いスポーツは補償対象外となる場合があります。
  4. [不適切]。個人賠償責任保険は、日常生活で起きた偶発的な事故によって、他人の身体や生命、財物に損害を与えたことにより負った法律上の賠償責任による損害を補償する保険です。
    原動機付でない自転車であれば個人賠償責任保険で補償されますが、原付バイクによる事故の損害を補償するには自動車保険を契約する必要があります。
したがって不適切な記述は[4]です。