FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問41

問41

不動産の登記に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 抵当権に関する登記事項は、登記記録の権利部乙区に記録される。
  2. 登記記録において、分譲マンションの床面積は、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積(内法面積)で記録される。
  3. 登記事項要約書には、登記事項証明書とは異なり、登記官による登記記録に記録された事項の一部である旨の認証文は記載されていない。
  4. 登記事項証明書は、当該不動産の所有権を有する者に限り、手数料を納付して交付を受けることができる。

正解 4

解説

  1. 適切。登記記録の権利部は「甲区」と「乙区」に分かれています。甲区には所有権に関する事項が、乙区には所有権以外抵当権、賃借権、地上権など)に関する事項が記録されています。
  2. 適切。登記記録では、分譲マンションの専有部分の床面積は内法面積で表示されます。なお、広告などに記載されている専有面積は壁芯面積で表示されています。
  3. 適切。登記事項要約書は、従来(コンピュータ化以前)の閲覧制度に代わるもので、主に現在効力のある事項だけが記載されているものです。認証文や作成年月日などは記載されません。
  4. [不適切]。不動産の登記事項証明書の交付請求は、所有権の有無や利害関係のあるなしにかかわらず誰でもできます。
したがって不適切な記述は[4]です。