FP2級過去問題 2016年1月学科試験 問41

問41

不動産の登記に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 区分建物を除く建物の床面積の登記記録は、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積(内法面積)により記録される。
  2. 抵当権の実行による競売手続開始を原因とする差押えの登記記録は、権利部の甲区に記録される。
  3. 不動産の登記事項証明書の交付を受けることができる者は、原則として、その不動産の所有者に限られる。
  4. 登記記録を信頼して不動産を取得した者は、記載されていた登記名義人が真実の権利者ではなかった場合でも、原則として、その不動産を取得する権利が認められる。

正解 2

解説

  1. 不適切。区分建物を除く建物の床面積の登記記録は、壁の中心線を囲んだ壁芯面積により記録されます。なお、区分建物に関しては、壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積(内法面積)により記録されます。
  2. [適切]。登記記録の権利部は、甲区と乙区の2つに分けられますが、甲区には、所有者・取得時期・差押えなど所有権に関する事項、また乙区には、抵当権・地上権など所有権以外に関する事項が記録されています。
  3. 不適切。不動産の登記事項証明書は、手数料を支払って申請することで、誰でも交付を受けることができます。
  4. 不適切。不動産登記には、対抗力はありますが、公信力はありませんので、登記記録を信用して不動産を取得した場合でも、保護されずに取得できなくなることがあります。
    対抗力
    自己の権利を第三者に対して主張することができる法的効力
    公信力
    内容が真実に反するものであってもこれを信頼して取引した者は保護され、内容が真実であった場合と同様の権利取得が認められる効力
したがって適切な記述は[2]です。