FP2級過去問題 2013年9月学科試験 問29

問29

わが国の預金保険制度に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 国内銀行に預け入れられている外貨預金は、預金保険による保護の対象となる。
  2. ゆうちょ銀行は預金保険の対象金融機関になっておらず、郵政民営化後に預け入れられた貯金も国が元利金を保証している。
  3. 一般預金等について預金保険により保護される金額は、1金融機関ごとに預金者1人当たり元本1,000万円までとなっており、利息については保護の対象外となる。
  4. 「決済サービスを提供できること、預金者が払戻しをいつでも請求できること、利息が付かないこと」という3要件を満たす決済用預金は、その全額が預金保険による保護の対象となる。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。