FP2級過去問題 2015年10月学科試験 問42

問42

不動産の売買契約において、買主が不動産の引渡しを受けた後、隠れた瑕疵があることを発見した場合における法律上の売主の瑕疵担保責任に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 瑕疵担保責任に関する特約が締結されていない場合、買主が瑕疵担保責任に基づく権利を行使するためには、買主は、瑕疵が売主の責めに帰すべき事由により生じたものであることを立証しなければならない。
  2. 瑕疵担保責任に関する特約が締結されていない場合、買主が瑕疵担保責任に基づく権利を行使するためには、民法上、買主は、瑕疵がある事実を知った時から1年以内に当該権利を行使しなければならない。
  3. 瑕疵担保責任を負わない特約が定められていても、民法上、売主は、知っていて買主に告げなかった瑕疵については、瑕疵担保責任を負わなければならない。
  4. 売主が事業者、買主が消費者の場合、事業者が瑕疵担保責任を一切負わない旨の特約は、消費者契約法により、原則として無効とされる。

正解 1

解説

  1. [不適切]。瑕疵担保責任に関する特約が締結されていない場合でも、売主は売買の目的物に隠れた瑕疵があったときには、その瑕疵について過失がなくても瑕疵担保責任を負います。よって記述は不適切です。
  2. 適切。民法上では、買主が売主に対して瑕疵担保責任を追及できる期間は、買主が瑕疵を知ったときから1年以内となっています。
  3. 適切。瑕疵担保責任の責任期間を短くしたり、免除を特約で決めたとしても、売主が知りながら買主に告げなかった瑕疵の責任は負わなければなりません。
  4. 適切。売主が事業者、買主が消費者の場合に事業者が瑕疵担保責任を一切負わない旨の特約は、消費者が不利になることなので無効になります。
したがって不適切な記述は[1]です。