FP2級過去問題 2015年5月学科試験 問4

問4

雇用保険の基本手当に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 基本手当を受給するためには、原則として、離職の日以前2年間に雇用保険の一般被保険者であった期間が通算して12ヵ月以上なければならない。
  2. 基本手当は、受給資格者の離職理由を問わず、受給資格決定日以後において失業している日が通算して7日経過したときに支給が開始される。
  3. 基本手当の受給期間は、原則として、離職の日の翌日から起算して1年間である。
  4. 基本手当の受給期間内に出産、疾病などの理由により引き続き30日以上職業に就くことができない受給資格者が所定の期間内にその旨を申し出た場合、受給期間が一定期間延長される。

正解 2

解説

  1. 適切。基本手当の受給資格の1つに、離職の日以前2年間に被保険者期間が通算12ヵ月以上なければならないという要件があります。
  2. [不適切]。受給資格決定日から7日間は、受給資格者の離職理由を問わず待期期間となりますが、自己都合の退職の場合は、さらに3ヵ月の給付制限期間があります。よって記述は不適切です。
  3. 適切。基本手当を受給できる期間は、原則として離職した日の翌日から1年間になります。受給期間が経過した後は、所定給付日数が残っていても基本手当は支給されません。
  4. 適切。基本手当の受給期間内に、出産や疾病などの理由で引き続き30日以上職業に就くことができない者は、所定期間内に申し出をすることで、受給期間の延長が可能になります。
したがって不適切な記述は[2]です