FP2級過去問題 2016年9月学科試験 問4

問4

特別支給の老齢厚生年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 特別支給の老齢厚生年金が支給されるためには、老齢基礎年金の受給資格を満たし、厚生年金保険の被保険者期間が1ヵ月以上あることなどの要件を満たす必要がある。
  2. 特別支給の老齢厚生年金は、生年月日等に応じて支給開始年齢が順次引き上げられているが、最終的には廃止されることになっている。
  3. 特別支給の老齢厚生年金の受給権者が厚生年金保険の被保険者である場合、その者の総報酬月額相当額と基本月額との合計額が28万円を超えるときは、年金額の全部または一部が支給停止となる。
  4. 特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給開始年齢が61歳から64歳とされている者で、かつ、当該年金の受給に必要な要件を満たしている60歳以上の者は、その支給開始年齢到達前に老齢厚生年金の繰上げ支給を請求することができる。

正解 1

解説

  1. [不適切]。特別支給の老齢厚生年金の受給要件は、老齢基礎年金の受給資格を満たし、かつ、厚生年金保険の1年以上の被保険者期間があることが必要です。よって記述は不適切です。
    なお「被保険者期間が1ヵ月以上」は、厚生老齢年金の支給要件の1つです。
  2. 適切。特別支給の老齢厚生年金は、年金の支給開始が60歳から65歳になったことに伴う移行緩和措置なので、支給開始年齢は段階的に引き上げられ、最終的には廃止されます。
  3. 適切。特別支給の老齢厚生年金の受給者は、総報酬月額相当額と基本月額との合計額が28万円を超える場合には、年金額の全部または一部が支給停止となります。
  4. 適切。特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分が61歳以降に支給される者は、老齢厚生年金の繰上げ支給を請求できます。
したがって不適切な記述は[1]です。