FP2級過去問題 2018年1月学科試験 問52

問52

贈与税の計算に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 相続時精算課税制度を選択した場合、特定贈与者からの贈与により取得した財産に係る贈与税額の計算上、贈与税の税率は、一律20%である。
  2. 暦年課税による贈与税額の計算上、贈与税の税率は、贈与税の課税価格に応じた超過累進税率である。
  3. 贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の贈与税の税額は、贈与財産の価額から、基礎控除額に加え、最高2,000万円の配偶者控除額を控除した後の残額に所定の税率を乗じて計算する。
  4. 相続時精算課税制度を選択した場合の贈与税の税額は、特定贈与者ごとに、贈与財産の価額から、基礎控除額に加え、累計2,500万円の特別控除額を控除した後の残額に所定の税率を乗じて計算する。

正解 4

解説

  1. 適切。2,500万円を超える部分については一律20%の贈与税が課税されます。
  2. 適切。贈与税は、10%から55%まで8段階の超過累進税税率になっています。
  3. 適切。配偶者から居住用不動産、または購入資金の贈与を受けた場合、一定の要件のもと、基礎控除額(110万円)と配偶者控除額(最高2,000万円)を合わせて最高2,110万円を控除することができます。
  4. [不適切]。記述中の「基礎控除額に加え」の部分が不適切です。
    相続時精算課税制度と暦年課税制度は選択適用であり両方の適用は受けられません。このため相続時精算課税制度を選択した場合、基礎控除額を差し引くことはできません。
したがって不適切な記述は[4]です。