FP2級過去問題 2019年5月学科試験 問53

問53

贈与税の計算に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 暦年課税による贈与に係る贈与税額の計算上、基礎控除額は、受贈者が個人である場合には、贈与者1人当たり年間110万円である。
  2. 暦年課税による贈与に係る贈与税額の計算上、適用される税率は、超過累進税率である。
  3. 相続時精算課税制度の適用を受けた贈与財産に係る贈与税額の計算上、認められる特別控除額の限度額は、特定贈与者ごとに累計で2,000万円である。
  4. 相続時精算課税制度の適用を受けた贈与財産に係る贈与税額の計算上、適用される税率は、一律10%である。

正解 2

解説

  1. 不適切。基礎控除額は受贈者(受け取った人)ごとに年間110万円です。本肢は「贈与者1人当たり」としているため誤りです。
  2. [適切]。贈与税の税率は、10%から55%まで8段階の超過累進税率になっています。また、直系尊属(祖父母や父母など)から、その年の1月1日において20歳以上の者(子・孫など)に行われた贈与に適用する「特定贈与財産用」と、その他の贈与に適用する「一般財産用」の2種類の区分があります。
  3. 不適切。相続時精算課税制度は、特定贈与者ごとに累計で特別控除額2,500万円までの贈与であれば贈与税はかかりません。
  4. 不適切。相続時精算課税制度の控除限度額である2,500万円を超える部分については、一律20%の贈与税が課税されます。
したがって適切な記述は[2]です。