FP2級過去問題 2014年9月学科試験 問33

問33

所得税における損益通算に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 別荘を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算上生じた損失の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。
  2. 上場株式を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算上生じた損失の金額は、総合課税を選択した上場株式に係る配当所得の金額と損益通算することができない。
  3. 青色申告の承認を受けていない納税者の事業所得の金額の計算上生じた損失の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。
  4. 不動産所得の金額の計算上生じた損失の金額のうち、その不動産所得を生ずべき土地の取得に要した負債の利子の額に相当する部分の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。

正解 3

解説

  1. 適切。別荘などの生活に通常必要でない資産の生じた損失は、譲渡所得であっても他の所得と損益通算することができません。
  2. 適切。上場株式を譲渡したことによる譲渡所得の損失は、総合課税を選択した上場株式に係る配当所得の金額と損益通算することができません。しかし、申告分離課税を選択した上場株式に係る配当所得の金額とは損益通算することができます。
  3. [不適切]。損益通算できる所得は、事業所得、不動産所得、山林所得、譲渡所得の4つです。白色申告(青色申告の承認を受けていない申告)であっても、事業所得は他の所得と損益通算することができます。よって記述は不適切です。
  4. 適切。"土地の取得に要した負債の利子"の額に相当する部分の金額は、不動産所得であっても他の所得と損益通算することができません。
したがって不適切な記述は[3]です。