FP2級過去問題 2015年5月学科試験 問35

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問35

所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額から、総所得金額等の合計額の5%相当額と5万円のいずれか低い方の金額を控除して算出される。
  2. 障害者控除は、納税者が障害者に該当する場合のほか、納税者の控除対象配偶者や扶養親族が障害者に該当する場合にも適用を受けることができる。
  3. 合計所得金額が1,000万円を超えている納税者は、配偶者の合計所得金額が38万円以下であっても、配偶者控除の適用を受けることができない。
  4. 年の途中で死亡した控除対象扶養親族については、その年分の扶養控除の対象とはならない。

正解 2

解説

  1. 不適切。医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額から、保険金等で補てんされる金額を差し引き、総所得金額等の合計額の5%相当額と10万円のいずれか低い方の金額を控除して算出します。
  2. [適切]。障害者控除は、納税者本人だけでなく、控除対象配偶者や扶養親族が障害者に該当する場合にも適用を受けることができます。よって記述は適切です。
  3. 不適切。配偶者控除は、納税者本人の所得金額の多寡に関係なく適用を受けることができます。
    ※税制改正により、平成30年以後は納税者の合計所得金額が1,000万円超の場合には配偶者控除の適用を受けられなくなりました。本肢の解説は、試験実施時の法令をもとにしているのでご注意ください。
  4. 不適切。扶養親族に該当するかどうかは、その年の12月31日の現況によって判断されますが、年の途中で死んだ場合は、死亡時の現況によって判定されます。
したがって適切な記述は[2]です。