FP2級過去問題 2019年9月学科試験 問5

問5

老齢基礎年金の繰下げ支給に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 老齢基礎年金の受給権を有する65歳6ヵ月の者は、当該老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をすることができる。
  2. 付加年金を受給できる者が老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合、付加年金の額は繰下げによって増額されない。
  3. 老齢基礎年金の繰下げ支給による年金の増額率は、繰り下げた月数に0.7%を乗じて得た率で、最大42%となる。
  4. 老齢厚生年金の受給権を有する者が老齢基礎年金の支給開始年齢を繰り下げる場合は、同時に老齢厚生年金の支給開始年齢も繰り下げなければならない。

正解 3

問題難易度
肢15.9%
肢25.3%
肢383.5%
肢45.3%

解説

  1. 不適切。老齢基礎年金の繰下げ支給の申出は、年金の受給権を得てから1年後以降に行うことができます。65歳で年金の受給権が発生した人は66歳に達した日以降に行うことになります。本肢の者は「65歳6ヵ月」のためできません。
  2. 不適切。繰上げ/繰下げをすると、老齢基礎年金の増減額率と同じ割合で付加年金の金額も増減額されます。
  3. [適切]。繰下げ支給すると、繰下げ1月当たり0.7%増額されます。最長で60月繰下げ(70歳からの受給)できるので、最大の増額率は「0.7%×60月=42%」となります。
  4. 不適切。繰下げ支給では老齢基礎年金と老齢厚生年金それぞれに繰下げ時期を選択できます。一方、繰上げ支給は両方とも同時に請求しなくてはなりません。
したがって適切な記述は[3]です。