FP2級過去問題 2021年9月学科試験 問14

問14

生命保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも契約者(=保険料負担者)および保険金・給付金等の受取人は個人であるものとする。
  1. 契約者および保険金受取人が夫、被保険者が妻である終身保険において、妻が死亡して夫が受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  2. 契約者が夫、被保険者および年金受取人が妻である個人年金保険において、妻が受け取る年金の年金受給権は、年金支払開始時に夫から妻への贈与とみなされ、贈与税の課税対象となる。
  3. 契約者、被保険者および年金受取人が同一人である個人年金保険(保証期間付終身年金)において、保証期間内に被保険者が死亡し、残りの保証期間について相続人が受け取る年金の年金受給権は、相続税の課税対象となる。
  4. 契約から5年を超えた一時払変額個人年金保険(10年確定年金)を解約して契約者が受け取った解約返戻金は、一時所得として所得税(総合課税)の課税対象となる。

正解 1

問題難易度
肢175.9%
肢211.6%
肢36.6%
肢45.9%

解説

  1. [不適切]。生命保険の死亡保険金に係る課税関係は以下のようになっています。
    契約者=保険金受取人である場合には、その死亡保険金は一時所得として所得税の課税対象となります。
  2. 適切。契約者と年金受取人が異なる個人年金保険において、年金受取人が年金受給権を取得したということは、年金受取人は保険料の負担なしに年金受給権を得たことになります。このため、契約者より贈与を受けたこととされ、年金受取人が取得した年金受給権は贈与税の課税対象となります。
  3. 適切。保証期間付終身年金保険は、保証期間中は被保険者の生死にかかわらず年金が支払われる保険です。契約者・被保険者・年金受取人が同じである場合、被保険者が死亡すると、遺族が年金受給権を相続し、保証期間満了まで年金を受け取ることになります。遺族が相続した残りの保証期間分の年金受給権は相続税の課税対象となります。
  4. 適切。一時払いの(変額)個人年金保険・一時払いの(変額)養老保険から受け取った解約返戻金や満期保険金は、契約から解約までの期間によって課税関係が変わります。
    契約から5年以内の支払い
    金融類似商品として扱われ、利子所得として20.315%の源泉分離課税となる
    契約から5年超を経過後の支払い
    一時所得として総合課税の対象となる
    本肢の解約返戻金は契約から5年を超えてから受け取ったものなので、一時所得として所得税(総合課税)の課税対象となります。
したがって不適切な記述は[1]です。