FP2級過去問題 2013年5月学科試験 問39

問39

法人税における損金の取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 資本金の額が1億円を超える法人が支出した法人税法上の交際費等は、全額が損金の額に算入される。
  2. 法人が役員に対して支給する退職給与以外の給与のうち、「定期同額給与」に該当するものは、原則として、全額が損金の額に算入される。
  3. 法人が、その負担すべき固定資産税および都市計画税を納付した場合、その全額が損金の額に算入される。
  4. 使用可能期間が1年未満の減価償却資産を法人が取得して事業の用に供し、損金経理をした場合、取得価額の全額が、事業の用に供した日の属する事業年度の損金の額に算入される。

正解 1

解説

この問題に対する解説はまだありません。