FP2級過去問題 2016年9月学科試験 問27

問27

ポートフォリオ運用に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. A資産の期待収益率が2.5%、B資産の期待収益率が6.0%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は4.6%となる。
  2. 異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が-1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの軽減)は得られない。
  3. 株式のポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより、ポートフォリオの期待収益率は、組入れ銘柄の期待収益率の加重平均を上回ることができる。
  4. 株式のポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより、市場全体の動き(システマティック・リスク)の影響を軽減することができる。

正解 1

解説

  1. [適切]。ポートフォリオの期待収益率は、ポートフォリオへの組入れた各資産の期待収益率をポートフォリオの構成比で加重平均した値になります。

     (A資産2.5%×40%)+(B資産6.0%×60%)
    =1.0%+3.6%=4.6%

    ですので記述は適切です。
  2. 不適切。異なる2資産からなるポートフォリオの2資産間の相関係数が-1となる場合は、2つの資産は全く逆の値動きをするのでリスク低減効果は最大になります。
  3. 不適切。ポートフォリオの期待収益率=組入れ銘柄の期待収益率の加重平均 ですので、株式の割合も増やしてもポートフォリオの期待収益率はそれを加味した値になります。よって決して加重平均を上回ることはありません。
  4. 不適切。システマティック・リスクとは市場全体の動きの影響を受けるリスクで、組入れ銘柄数を増やして分散投資をしても軽減することはできません。
したがって適切な記述は[1]です。