FP2級過去問題 2018年5月学科試験 問31

問31

所得税の仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 所得税は、原則として、個人が1月1日から12月31日までに得た所得に対して課される。
  2. 課税総所得金額に対する所得税の税率は、課税総所得金額が大きくなるにつれて税率が高くなる超過累進税率である。
  3. 所得税は、納税者が申告をした後に、税務署長が所得や納付すべき税額を決定する賦課課税方式を採用している。
  4. 所得税における青色申告制度では、納税者に記帳義務および帳簿書類保存の義務が課されている。

正解 3

解説

  1. 適切。所得税の課税対象期間は、毎年1月1日から12月31日までの1年間です。
  2. 適切。所得税において総合課税の対象となる所得に係る税率は、原則として課税標準が大きくなるに応じて税率が高くなる超過累進税率となっています。
  3. [不適切]。所得税は、納税者自身が1暦年間の所得金額と、それに応じた所得税額を計算のうえ、確定申告を行い、その申告に基づき自主的に納付する申告納税方式を基本としています。よって記述は不適切です。
  4. 適切。所得税における青色申告の適用を受ける納税者は、複式簿記により記録された必要な帳簿を備え、それらの証憑となる書類を最大で7年間保存しなくてはならないと定められています。
したがって不適切な記述は[3]です。