FP2級過去問題 2017年9月学科試験 問31

問31

所得税の原則的な取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 所得税は、国や地方公共団体の会計年度と同様、毎年4月1日から翌年3月31日までの期間を単位として課される。
  2. 課税総所得金額に対する所得税は、所得の金額に応じた超過累進税率により計算される。
  3. 所得税は、納税者の申告により、税務署長が所得や納付すべき税額を決定する賦課課税方式を採用している。
  4. 所得税の納税義務者は、日本国籍を有し、かつ日本国内に住所がある個人に限定されている。

正解 2

解説

  1. 不適切。所得性の課税対象期間は、毎年1月1日から12月31日までです。
  2. [適切]。所得税は、課税対象金額をいくつかの段階に分け、その金額が高くなるにつれて税率が高くなる超過累進税率です。2015年現在は5%~45%の7段階に区分されています。
  3. 不適切。所得税は、自分の納める税金額を納税者自身が計算して納税する「申告納税制度」を採用しています。確定申告を行うことで納税額が確定します。
  4. 不適切。所得税法では、納税義務者を居住者と非居住者に分類し、それぞれに納税義務の範囲を定めています。日本国籍を持たなくても日本国内に居住している者は所得税の納税義務者になります。
したがって適切な記述は[2]です。